JRAも注意を呼び掛ける競馬予想会社の詐欺のよくある手口5選!

競馬予想会社

競馬予想会社の中には詐欺を行う会社もあるということは、多くの方が何となく認識していることではないでしょうか。
もしかしたら詐欺に遭遇するはごく一部であり、普通に利用していたら自分は大丈夫と考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ネット上に存在する競馬予想サイトの9割は詐欺サイトだと言われているくらい、競馬予想における詐欺は身近なものなのです。
競馬予想サイトを運営する競馬予想会社も、多くが詐欺を行っているということになります。
そこで、当記事では、競馬予想会社における詐欺サイトの特徴や、詐欺サイトを見破るポイントについて詳しく紹介していきます。

競馬予想会社による詐欺はJRAも注意している

冒頭で述べたとおり、多くの競馬予想会社が詐欺を行っていると考えられます。JRAが競馬予想会社による詐欺を警戒するよう注意していることも、競馬予想会社による詐欺が横行している根拠の1つだといえるのではないでしょうか。

JRA公式サイトにおいて、以下のように明記されています。

悪質な予想・情報提供業者や競馬を運用対象とした投資・運用詐欺行為者、違法な投票券購入代行業者など、競馬に関わる悪徳業者が存在します。これらの業者は、JRAおよびJRAの関係団体とは一切関係がありません。
お客様におかれましては、このような悪徳業者に騙されないようくれぐれもご注意ください。
万が一被害に遭われた、もしくは遭いそうになった際には、最寄りの警察署にご相談いただくことも含めて対応をご検討ください。

(参照: JRA公式サイト

JRAでは先述のような注意分だけでなく、詐欺を行う競馬予想会社の特徴や、詐欺行為のパターンについても詳しく紹介しています。また、具体的な事例も6つ記載しています。JRAが注意喚起を行い、具体的な事例まで明記するほど詐欺行為が横行しているということは頭に入れておくことをおすすめします。

競馬予想会社による詐欺の手口5選

本章では、競馬予想会社による詐欺のよくある手口を5つ取り上げて紹介します。冷静な時に見たら当たり前だと思うこともあるかもしれません。しかし、負けが続いて何とか取り返したいと思っている時など、甘い誘いに弱くなってしまう状況下では、多くの人が被害に遭っているのも事実です。

他人事だと思わず、自分も被害に遭う可能性があることを忘れないようにしましょう。

八百長のレースだと持ちかけてくる

レース
1つ目の手口は、八百長のレースがあると持ちかけ、その情報を高額で売ろうとするというものです。もし本当に八百長のレースが存在し、その結果を知ることができれば確実に勝てるため、つい飛びつきたくなってしまうかもしれません。競馬予想はプロでも外れることが少なくないため、確実に勝てる情報があるとしたらたしかに高額な料金を払う価値があると思ってしまうでしょう。

しかし、八百長のレースなど存在しません。八百長のような不正なレースは競馬法という法律で禁じられており、レースは監視のもとで行われるため、こういった情報は嘘の情報です。

競馬は合法なギャンブルであり、公正な競技であることは大前提です。「財政界の大物」など、いかにもな言葉を使ってくることもあるようで、競馬で負けが続いている方などは、本当だと信じたくなってしまうかもしれません。

しかし、詐欺を行う競馬予想会社はこのような心理を利用してきます。「法律で決まっている」といわれても信じられない方は、「そんな美味い話がその辺に転がっているわけがない」と考えるようにしましょう。

クレジットカードを現金化させる

クレジットカード
2つ目の手口は、情報料が高額すぎて払えないと消費者が言った際、クレジットカードを現金化することで資金を用意させるといったものです。詐欺行為の場合、情報料が数十万~数百万のケースもあります。そのような大金が用意できなくても、クレジットカードを現金化させることで資金を用意させようという手口です。

そもそもクレジットカードの現金化は、クレジットカードの利用規約違反にあたる行為であり、発覚すると退会処分を受けたり、ブラックリスト入りしたりする危険があります。どんな理由があっても、クレジットカードの現金化は避けた方が無難です。

詐欺を行う競馬予想会社は、このような事実を巧みに隠し、さも問題ないかのように見せかけてきます。詐欺かどうかを見抜くことができず、情報商材に魅力を感じてしまったとしても、クレジットカードの現金化のような違反行為を勧めてくる会社とは関わらないように注意しましょう。

的中実績を捏造

ドメイン
3つ目の手口は、的中実績を捏造するというものです。多くの競馬予想会社が的中実績を公開していますが、基本的に虚偽であることを疑った方が無難です。

的中実績が捏造かどうかを見破るポイントは、まず的中したレースの情報が詳細に書かれているかどうかです。レースの日付や開催された競馬場、レース番号が一通り記載されていない場合、捏造の可能性は非常に高いと考えられます。また、予想した時点での買い目がわからない場合、予想の的中自体は捏造ではないとしても、回収した金額は捏造を疑いましょう。

また、ドメイン取得の捏造を見破る1つのポイントです。ドメインの取得日はそのサイトの設立日を示すことが一般的です。ひどいケースではありますが、的中実績に挙がっているレースの日付がドメイン取得日より前であることがあり、これではサイトができていないのにそのサイトが予想を的中させたということになってしまいます。

このようなケースはすぐに嘘の実績だと判断しましょう。的中実績の捏造を行う競馬予想会社は詐欺も行っている可能性が高いため、的中実績の捏造が発覚した段階でその競馬予想会社とは関わらないことをおすすめします。

いかにも安心できそうな組織になりすます

4つ目の手口は、「JRA」や「○○馬主会」など、消費者から見て安心できそうな組織になりすますというものです。JRAと関係がある、JRA公認など、本当なら信頼してもよさそうな組織を名乗っていても、すぐに信じてしまわないよう注意しましょう。

手の込んだものの中には実際のJRAホームページのリンクを貼ったり、JRAのロゴを使ったりと、つい信じてしまいそうな工夫が施されています。組織名が安心できそうであっても、虚偽の可能性を考えるようにしましょう。

サクラによる口コミ操作で誘導する

5つ目の手口は、サクラによる口コミで一般の利用者からの評価を操作し、高額商材に誘導するというものです。競馬予想会社の口コミは様々なサイトで公開されており、重要な情報源であることは間違いありません。

しかし、口コミの中にも一般の利用者になりすました業者が隠れている可能性があります。こういった口コミは具体性がなかったり、「絶対勝てる」「必ず当たる」など、ギャンブルにおいてありえない表現が使われていたりと、いかにも怪しい内容であることも少なくありません。

口コミはすべてを真に受けるのではなく、少しでも怪しいと思ったらサクラを疑うようにしましょう。

まとめ

競馬予想会社の多くが実は詐欺を行っており、JRAもサイト内でしっかりと注意喚起をしているほど被害は広がっています。当記事で紹介した5つのよくある手口を参考に、事前に察知して被害を避けるようにしましょう。

自分は引っかからないと思っている方も、十分警戒することを強くおすすめします。競馬で負けが続いた時や、日常生活で嫌なことがあった時など、甘い儲け話がいつも以上に魅力的に思えてしまうことがあるでしょう。詐欺を行う競馬予想会社は、そういった心理につけこみ、様々なテクニックを駆使して騙そうとしてきます。美味い話、いかにも本当に見える話ほど警戒することをおすすめします。